きょしき

結婚式や結婚披露宴の招待状やその返事の書き方

結婚式は人生の中でも最も大きなイベントの一つでしょう。
夫婦が永遠の愛を誓い合い、幸せな時間を過ごすこととなります。

結婚式や結婚披露宴をする際には、友人や家族、親せきなど様々な人を招待するための招待状を送ることになります。
また、招待状を貰うこともあるでしょう。
招待状に返事をするということは、自分が結婚式や結婚披露宴に参加したいかどうかの意思表示をすることになります。
よって、相手に失礼のないように、形式にのっとた方法で返事をする必要があります。

招待状を受け取った側が気持ちよくあなたの返事を受け取れるようようにしましょう。
招待状の返事について気を付けるべきポイントを紹介しましょう。

一つは返事の期日です。
招待状には招待をするという文章が書いてあり、最後にいつまでに返事をくださいという期日が書いてあります。
この期日を守るようにして返事をしましょう。
期日ぎりぎりになって慌てて返事をするよりも、余裕を持って返事をしてあげましょう。
期日までにどうしても返事ができないという場合は、相手に返事が遅れることを伝えておきましょう。

二つ目は返事をするためのはがきを訂正する際のことです。
はがきの表側には招待側の名前が書いてあります。
名前の書いてあるところの最後に行と書いてあると思います。
そこに二重線を引いて、横に様と書き直します。

裏側には、自分の住所や出席を書く部分があると思います。
出席や欠席、住所の所には御と書かれているので、これをすべて二重線で訂正しましょう。
これらは結婚式の招待状だけではなく、あらゆる招待状に共通することなので覚えておいておきましょう。

招待状の中にはメッセージなどを記入する部分があることがあります。
そこには新郎新婦に対して自分の気持ちを伝えておきましょう。
招待してくれたお礼の文章や、結婚式や結婚披露宴を楽しみにしているということを伝えましょう。
招待した側が受け取って、喜ぶような招待状の返事を心掛けましょう。
こういう細かい気遣いが大切なのです。
▼こちらの結婚披露宴についてのサイトhttp://www.whymarriagemattersmaine.com/check.htmlも読みやすくわかりやすいです。

Menu