きょしき

結婚式場や披露宴会場の下見で大事なこと

結婚式をどのようなスタイルで行うのかを決めたのであれば、
次は実際に式を行うことになる結婚式場を決める必要があります。
結婚式場を行う際には様々な点に注意する必要があります。
例えば、結婚式の後に結婚披露宴を行うのであれば、それとの兼ね合いを考える必要があります。

教会で式を挙げるのならば、教会が併設されている式場があります。
そこであれば、教会で式を挙げた後に、そのまま同じ場所で結婚披露宴を行うことができます。
神前式で行う場合は、神社で式を行った後に、結婚披露宴の会場まで移動する必要が生じます。
この場合は、挙式は親族や身内だけで行い、
結婚披露宴はホテルやレストランなどでパーティー形式で行うことが多いようです。

結婚式に招く人たちのことも考えておかなければいけません。
特に遠方からお越しの方で、土地勘のない方がやってくることを考慮に入れる必要があるでしょう。

結婚式場を下見する場合は、その場所が分かりやすい場所にあるのか、
アクセスしやすいのかを考えておく必要があります。
駅に近いホテルなどだと場所を教えるのも簡単ですし、お客さんが道に迷うこともないでしょう。

結婚式や結婚披露宴に招待する人数によっては選べる式場が限られてくることもあるので、注意しましょう。
小さい会場なのに大人数の招待客が来たとしても対応することはできません。

また、下見をする時は、まず自分たちがどのような挙式をあげたいのかイメージしておくことが大切です。
そして、そのイメージ通りの挙式を挙げられるような会場を選ぶ必要があります。
招待する人数がどれくらいなのか、料理はどうするか、式の内容はどうするかなど様々なことを考えた上で、
それらの雰囲気に合う会場を選ぶ必要があります。

結婚式場の下見は時間に余裕を持って念入りにやりましょう。
予約を取る必要があるので、ギリギリに下見にいったとしてもスケジュールが合わないことがあります。
時間にゆとりをもって、一つ一つの会場を下見して、よく吟味して選びましょう。
実際にその会場で式を行うことになるので、それらを頭の中で想像しながら楽しんで選ぶようにしましょう。
結婚式で忘れてはならない持ち物についてhttp://www.arflowerandgardenshow.org/wp6.html是非ご覧ください。。

▼こちらのサイトにも結婚披露宴についてわかりやすく掲載されています。是非ご覧ください。

Menu