きょしき

結婚のお祝いの形態は変化する

結婚式といえば、お祝いがあります。
お祝いには様々な決まりごとがあり、絶対に渡してはいけないものがあります。
それはガラスや食器など割れる可能性のあるものです。
割れる物は、別れるや壊れるといった意味を連想させるので、
結婚式のお祝い品としてはあまり縁起の良い物ではありません。
また、お金や商品券などを渡すのもあまり良くなく、やはり実体のある物を渡すのが一番良いです。

しかし、現代ではこうした決まりごとは段々薄れていっています。
例えば、結婚式のお祝いにガラス製の物をプレゼントするケースも増えているようです。
この時に渡されるものは、ブランド物の高級なガラス製品が多いようです。
プレゼントで貰った時に喜ばれる物であることが大切なのです。

新郎新婦が結婚記念日などたいせつな日に、結婚式や披露宴の当日などを思い出させてあげるような、
相手を喜ばしてあげる物が良いでしょう。
どうしても割れ物を送ることに抵抗のある方は、陶器の品を選ぶと良いでしょう。
陶器の中には、丈夫で割れにくいものがあるので、結婚の贈り物にピッタリです。
割れにくいということは2人の絆が固いという意味にもなります。

プレゼントの場合は必ず対になるようなものを送ってあげる必要があります。
新郎新婦が生活の中でお互いに使うことができるようなものを送りましょう。
新生活が始まるということを気遣ってキッチン用品などを送るのも良いでしょう。
最近は様々なオシャレなキッチン用品が増えているので、
毎日の家事が楽しくなるようなものを送るのも良いでしょう。

今までタブーとされてきたものを送るケースが増えています。
何をプレゼントとして送ったらよいのか悩んでしまう方は大勢いるでしょう。
1番良いのは本人に確認することですが、これも必ずできるというわけではありません。

そこで、便利なのが商品のカタログです。
カタログギフトの形で送ってあげることにより、
相手も自分の好きな商品を選んで受け取ることが可能となります。
一番大切なことは相手に対する気持ちであるので、
それが伝わればどんなものでも贈り物として成立するでしょう。

Menu