きょしき

結婚式・披露宴招待状の文の書き方

一昔前までは結婚式や結婚披露宴の招待状の作成はホテルや式場に頼む人が多かったです。
しかし、現在はどのような家庭にもパソコンがあることから、
自分たちでオリジナルの招待状を作成している人が増えているようです。
業者に頼んでもらうよりも自分たちで作る方が、
相手にも気持ちが伝わりますし、そういう人が増えています。

http://www.garydance.com/write.htmlにも書いてあるように、自分たちで招待状を作るときには、色々と注意をしておいた方が良いことがあります。
招待状は新郎新婦の名義で出す場合と、両家の父親の名義で出す場合の2パターンがあります。
ここをまずは決めてしまいましょう。
両家の父親と相談してどのようにするのか決めるようにしましょう。
最近は本人名義で出す人が増えているようですが、必ず了承を得てから送るようにしましょう。

文面は、謹啓や敬具などを文章のはじめと終わりにつけるようにすると丁寧な文体となりますが、
必ず入れる必要のあるものではありません。
謹啓の次には季節の挨拶を行いましょう。
そして、本人の名義の場合は、「このたび私たちは」のようにして文章を始めましょう。
招待状の場合は句読点を付ける必要がありません。
そして、文章の最後には敬具を付けて、日付と自分たちの名義を入れましょう。

両家の父親の名義で出す場合であっても基本は同じです。
ただし文面には本人の名前を入れるようにしましょう。
そして、最後には日付と共に両家の父親の名義を入れます。

仲人を立てる場合は、仲人の人の挨拶の文章を入れたり、
会費がかかるパーティを開催するのであればそのことを伝えたり、
かしこまった会ではない場合などそれぞれに会った文章を工夫しましょう。

招待状は二つ折りにして作ります。
招待状の半分に文章を書いて、もう半分には日時や場所、費用、地図などを入れておきましょう。
挙式から参加する人と結婚披露宴から参加する人には集合時間が異なります。
そして、結婚披露宴で祝辞や余興を頼む人に対してはそのことについてのメモを添えましょう。

主賓に対しては手渡しで結婚の報告と共に渡すようにしましょう。
手渡しできないのであれば、文章にそのことについて触れておきましょう。
細かい点で他にも気を付けなければいけないことがありますが、
十分調べてから準備するようにしましょう。

Menu